超伝導単一磁束量子回路による再構成可能な大規模データパスを有するプロセッサの研究を行い、10 テラフロップス程度の計算能力をもち、デスクサイドに設置可能なコンピュータを、現在の技術を用いる場合に比べ約100分の1の消費電力で実現するための基盤技術を確立します。


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 26 Jun 2009 19:10:08 JST (3013d)